詰備会

アクセスカウンタ

zoom RSS 第12回詰備会報告

<<   作成日時 : 2009/05/07 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

報告がちょっと遅れてしまいました。すみません。

ではでは早速報告。
12時30分ごろには会場に到着。椅子並べ等の準備をしていたら則内氏到着。アノ要件を確認したところで、参加人数が増える増える。1時頃には既に9人集まるという、嬉しい誤算になりました。
とりあえず、詰備会作品展用の作品を募集。エントリーNO,1は利波氏の短編。とりあえず盤に並べて・・・・・・あれなかなか解けない(汗)。たくぼんさんも「何だかこの手でいけそうな気がする〜」と言いながら(吟じながら?)並べていました。
しばらくして解けて、「ハイ採用です」。

その後、考え所がアレしかないような自作を披露。でも利波氏が、「こういう風に考えてほしいな〜」と思っていた思考回路そのままの解図をしたので安心(?)しました。簡単ながらも、詰備会作品展に出品することになりました。
この辺りで吉田氏到着。プロパラを広げて、則内氏とフェアリー談義です。
ここで利波氏が、「宮田プロも30分以上考えた」という詰将棋をみんなに解かせることに。初手が限定打なのでこれが作意だろうと決めつけてかかっていたら、詰まない・・・・・・なんと初手から違っていました。しかも2手目の変化と4手目の変化が、大駒で追いかけまわす超複雑な手順。そりゃややこしいわけです。というか、宮田プロって変化も全部読むんですね。う〜むプロは違う・・・・・・


ここで堀切氏、大学院では没になりそうなので、詰備会でどうかという作品を披露。最初手順を見て大丈夫だと高をくくっていたら、皆で盤に並べて考えると「これ、むっちゃ難しいやん」。とても解説の原稿に収まりそうにもないし、そもそも大学院に出して充分すぎるレベルということで、大学院に投稿してもらうことになりました。
そのかわりに、大学レベルの作品を見せてもらうことに。盤に並べてからそれほど時間がたたないうちに正解が出てきて、「ハイ採用です」。


その後は、しばらく5月号のフェアリーランドを解いていました。いやはや、やはり質が高いものです。

4時頃になって、「そういえば作品展用の作品、全部集まった?」と言われてどきっ!そういえばまだ3つしか集まってなかった
この時に見せてもらった作品は2つ。たくぼんさんの、自称お笑い系の作品と、金子氏の、同人室に出すにしてはあまりに既成手順だから今のところは没になっている作品でした。
結構迷いましたが、結局はたくぼんさんの作品の方を採用することになりました。現在平井氏が改作中ということで、アノ図面からどうなっているのか楽しみです。

このあたりで詰備会はお開き。岡山駅前の居酒屋で2次会をしました。
2次会では詰将棋関連の話を広い範囲でいろいろと。役立つ情報、たくさん仕入れさせていただきました。


次回の詰備会の予定ですが、10月下旬〜11月初めを予定しています。
それでは参加者の皆さん、ありがとうございました。




第12回詰備会参加者;
伊達 悠
則内 誠一郎
利波 偉
堀切 良太
平井 康雄
岩本 修
須川 卓二
金子 清志
弘光 弘
吉田 彰     (以上10名)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
世話人役ご苦労様でした。
ちょっと確認したいことがあるのでメール送ろうと思いますが、メールアドレスは岡山の時と同じですか?
変わっていたら私宛にメールください。お願いします。
たくぼん
2009/05/08 07:38
幹事ご苦労さまでした。
自作ですが、宮田先生が30分考えたかは正確には不明ですが、多分15分〜25分の間だと思います。
「第12回詰備会報告」について
2009/05/08 21:02
↑の記事名前いれそこねました。
利波
2009/05/08 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
第12回詰備会報告 詰備会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる